『スポンサーサイト』
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TOP
『スイカ(Suica)ー首都圏で交通・買い物に大活躍』
スポンサードリンク JR東日本、東京モノレール、東京臨海鉄道にくわえ、パスモ(PASMO)との相互利用によって、首都圏のほとんどの鉄道やパスで利用できるプリペイド型電子マネーだ。

JR西日本、仙台、新潟エリアでの利用も可能。鉄道だけでなく、駅ナカの売店や自動販売機、駅ビルのショップ、コンビニ、スーパーなどでも利用が広がり、どんどん便利になっている。

おサイフケータイにも対応しており、携帯電話に専用ソフトをダウンロードし、クレジットカードを登録することで、使えるようになる。

チャージは1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、1万円単位で、限度額は2万円まで。

カードの種類は、無記名式の「Suicaカード」、記名式の「My Suica」、定期券機能がついた「Suica定期券」の3種類。「My Suica」「Suica定期券」は紛失したときは再発行される。

改札機の読み取り部分にタッチしたとき、ディスプレイに残高と運賃が表示され、スイカ定期券の場合だと、有効期限が14日前から表示される。

「ピッ」はスイカ定期券の使用。「ピピッ」はチャージ額からの支払い。「ピー」は定期券の期限切れ・残高不足。「ピピピピピ」はスイカが読み取れなかった場合。

提携クレジットカードによる利用によりポイントも加算。「ビュースイカ」の場合、スイカへのチャージでもポイントが加算される。「ビックカメラスイカ」の場合、ビックカメラでの買い物がクレジットでも10%の高額ポイントがつく。

パスモとスイカがいっしょに使える!パスケース

スポンサーサイト

テーマ:マネー - ジャンル:株式・投資・マネー

スイカ(suica) | TOP
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。